100年後も愛され続けるブランドへ

for the next 100 years

日本で、1000年以上の伝統を誇る革製品の歴史。
古くは武具や馬具として、武士や公家に重用されてきました。

明治時代以降になり欧州の文化が伝えられると、
カバンや靴などのファッション、壁面装飾や椅子などのインテリア等、
デザイン性の高い高級製品として発展するようになります。

GRANESS(グラネス)は、100年後も愛され続けるブランドであるために
職人歴50年以上の革職人(マイスター)や、
創業50年以上の歴史を重ねる東京の提携工場の中で、
丁寧にものづくりを行っています。


誕生秘話

Story

「孫娘とおばあちゃんがお揃いのバッグを持って出掛ける姿」。そんな、微笑ましい光景を目に浮かべ、想いを馳せながら、創業者の伊藤妃実子が一つのカバンの絵を描き始めた・・・・・・

ブランド名の由来

Brand Name

GRANESS(グラネス)というブランド名には、 グランドマザー(祖母)から グランドドーター(孫娘)へと、 世代を超えて伝わるハピネス(幸せ)という願いが込められ・・・・・・

ロゴマークに込められた意味

Logo

ブランド名の頭文字である「G」が象られています。母から娘へと、何世代も愛され続ける製品を作りたいという創業当時の想いが込められたGRANESSのブランド名を象徴・・・・・・

ものづくりの精神

Made in Japan

東京は「袋物」と呼ばれるカバンなどの製造が盛んに行われてきた街。漉き、裁断、刻印、縫製、コバ塗り、へり返し。一つの革製品を作り上げるまでには、多くの職人が手をかけ・・・・・・

こだわりの革素材

Leather

表情豊かな本革を、贅沢に使用しています。 天然素材ならではのやさしい手触り、風合い、味わいを、 デザインと技術の力で、丁寧に引き出していきます。欧州や日本国内・・・・・・

メディア掲載

Media

美人百花、OZ plus、NHK、テレビ朝日、テレビ東京、朝日新聞、東京新聞、日経MJなど、様々なメディアでGRANESS製品や代表兼デザイナーの伊藤妃実子をご紹介頂いています・・・・・・


GRANESS4つの特徴

features of our leather items